ミセス・ハリス、パリへ行く2022/11/20



「ミセス・ハリス、パリへ行く」 TOHOシネマズシャンテ
1950年代、第2次世界大戦後のロンドン。夫を戦争で亡くした家政婦ミセス・ハリス(レスリー・マンビル)は、勤め先でディオールのドレスに出会う。その美しさに魅せられた彼女は、フランスへドレスを買いに行くことを決意。どうにか資金を集めてパリのディオール本店を訪れたものの、威圧的な支配人コルベール(イザベル・ユペール)に追い出されそうになってしまう。しかし夢を決して諦めないハリスの姿は会計士アンドレやモデルのナターシャ、シャサーニュ公爵ら、出会った人々の心を動かしていく。
ロンドンでのおうち、壁紙とかイギリスらしくて、良かったです。エプロン姿で働いているファッションもかわいかったです。
パリのディオールと言うと「オートクチュール」という映画をを思い出す内容でした。ファッションショーの時の、ファッションが良かったです。クラシックさもあるけど、洗練されたデザインでした。話も雰囲気も好きな内容でしたが、主人公がテンション上がったり、落ち込んだり、いろいろあるのはわかるけど、テーマが分散してしまっている気もしました。

★★★★☆ 4

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック