恋するハンバーグ 食堂のおばちゃん22022/09/22


恋するハンバーグ

恋するハンバーグ 食堂のおばちゃん2」 山口 恵以子・著 ハルキ文庫
トンカツ、ナポリタン、ハンバーグ、オムライス、クラムチャウダー……帝都ホテルのメインレストランで副料理長をしていた孝蔵は、愛妻一子と実家のある佃で小さな洋食屋をオープンさせた。理由あって無銭飲食した若者に親切にしたり、お客が店内で倒れたりといろいろな事件がありながらも、「美味しい」と評判の「はじめ食堂」は、今日も大にぎわい。
「食堂のおばちゃん」の続きと思って読んでいたら、はじめ食堂のはじまりの物語で、お姑さんの一子の若い時の話でした。一子の夫・孝蔵がカッコイイです。見た目もイケメンらしく美男美女の夫婦です。一子は映画女優にスカウトされるほどです。帝国ホテルの副料理長から、佃で洋食の店を開くのだけど、全てが順調ではなかったようです。その地のお客さんに合った料理を考えたり、弟子たちのあれこれもあります。一子の実家は中華料理屋さんで、夫婦の出会いや、まだ小さい息子のことなど、洋食がつなぐ人情昭和物語でした。変わりゆく時代やご近所付き合いのある下町、三丁目の夕日みたいで、とても面白かったです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック