試練—護衛艦あおぎり艦長 早乙女碧—2022/07/31


試練

「試練—護衛艦あおぎり艦長 早乙女碧—」 時武 里帆・著 新潮文庫
民間人多数を乗せ、瀬戸内海で体験航海を行うあおぎりに、不時着機からの遭難信号が飛びこんできた。同時に急病人が発生。艦は幾つもの難題を抱えることに。熱血過剰な飛行長。悩める砲術士。個性豊かな部下達の力をひとつに合わせ、早乙女艦長は困難な状況を切り拓いてゆく。指揮官の決断。プロフェッショナルの凄み。手に汗握る海上サスペンス。
前作で新艦長として赴任して来て、その後の話。まだ日が浅く、乗員たちとは距離を詰められていない。一般見学者を乗せて体験航海をしている時に、重複したトラブルが起こります。状況が次々と変わり、時間に余裕がなく、更に人の命が掛かっています。意見は分かれるし、何が最善か判断を迫られます。どうなる?どうする?と臨場感があって、あっという間に読めました。前作より、読みやすかったです。登場人物の事がわかってきたからかもしれません。この本は実話ではないけど、護衛艦に女性艦長も実際にいるそうです。かっこいいですね。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック