魂のまなざし2022/07/29



「魂のまなざし」 Bunkamuraル・シネマ
モダニズムを代表する画家のひとりとして近年、世界的に注目を集めるフィンランドの画家ヘレン・シャルフベックを描いた伝記映画。1862年に生まれ1946年に没した彼女の生涯のうち、その後の画業と人生を決定づけた1915年から1923年の8年間の時代を描いた。1915年、高齢の母親とともに田舎で暮らす画家のヘレン・シャルフベック(ラウラ・ビルン)は、世間からはすでに忘れられた存在だったが、湧き出る情熱のために絵を描き続けていた。そんな彼女のもとに、ある画商が訪ねてきたことから、運命は大きく転換する。画商はヘレンが描きためていた159点の作品を見いだし、大きな個展開催に向けて動き出す。そして、画商が紹介した19歳年下の青年エイナル・ロイター(ヨハンネス・ホロパイネン)との出会いが、ヘレンの人生にさらなる転機をもたらす。
抑えた色のトーンで絵を描く画家に合わせてか、映像も抑え目な色合いでした。構図や光の加減が美しかったです。まるで絵画を観賞しているような気分です。緑の多い庭や海など自然も良いし、部屋の中に光が差している様子など、北欧絵画を彷彿させます。静かな話とモダンな絵画、モダンな風景でした。
主人公ヘレンは、絵を描きたいけど、なんだか苦しそうです。おとなしい人なのかと思えば、激しい一面もあります。そして驚くのは、お母さんが彼女より兄を大切に扱い、それが当たり前になっていることです。北欧なら近頃は女性政治家が多数いて、男女平等の精神なのかと思ったら、男性優位で驚きました。その時代だからということもあるし、ヘレンの家庭が特に強いのかもしれません。その感じは韓国を思い出します。長男が絶対で、収入も長男のもの?家の雑用は女の仕事という感じでした。ヘレンは画家として認められていて、収入もあるのに。母娘の関係も、難しいのです。絵と同様、愛してはいるけど、反発してしまうのです。そんなヘレンにもとても心強い親友がいます。親友との関係が良かったです。

★★★★☆ 4

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック