祝祭と予感2022/07/23



「祝祭と予感」 恩田 陸・著 幻冬舎文庫
コンクール入賞者ツアーのはざま、亜夜とマサルとなぜか塵が二人の恩師・綿貫先生の墓参りをする「祝祭と掃苔」。菱沼が課題曲「春と修羅」を作曲するきっかけとなった忘れ得ぬ教え子への追憶「袈裟と鞦韆」。幼い塵と巨匠ホフマンの永遠のような出会い「伝説と予感」ほか全6編。
「蜜蜂と遠雷」の続編というか、スピンオフ短編集でした。コンクール後の話もあるけど、風間塵の子どもの頃の話や、審査員の若い頃の事など、いろいろな時期を切り取ったような、ボーナストラックでした。コンクールの緊張感とは違って、気楽に読めました。過去の事がわかって、本編の内容がより理解しやすくなると思います。コンクールに出ていた人だけでなく、多くの人が関わっていたなぁと改めて思いました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック