メタモルフォーゼの縁側2022/07/24


メタモルフォーゼの縁側

「メタモルフォーゼの縁側」 TOHOシネマズ日本橋
BL漫画好きな17歳の女子高生・うらら(芦田愛菜)と、夫に先立たれ孤独に暮らす75歳の老婦人・雪(宮本信子)。ある日、うららがアルバイトする本屋に雪がやって来る。美しい表紙にひかれてBL漫画を手に取った雪は、初めてのぞく世界に驚きつつも、男の子たちが繰り広げる恋物語に魅了される。BL漫画の話題で意気投合したうららと雪は、雪の家の縁側で一緒に漫画を読んでは語り合うようになり、立場も年齢も超えて友情を育んでいく。
原作は鶴谷香央理の漫画。読んだ事はないですが、映画はとても良かったです。今まで無縁だったBL(ボーイズラブ)の世界、感激するものの、思いを共有する人がいなかった雪です。うららは、本屋でアルバイトしているので、続きの本を買いに来た雪に手助けします。BL好きを恥ずかしがっているうららは、すぐに打ち解けないけど、次第に年の離れた友情を育んでいきます。かわいい芦田愛菜ちゃんにしては、地味めな高校生の役で、クラスではいつも1人でいるような存在でした。しかし、やっぱりセーラー服姿が可愛いらしかったです。この映画ではBLが共通の推しとなるけど、何でも良いのです。同じものが好きな人と語り合うのは、なんと楽しいのでしょう。ちょっと疲れた老人だった雪が、生き生きとしてきて、なんともキュートなんです。家に遊びに来てくれるうららと会う事にウキウキしていました。雪は書道の先生をしているのですが、生徒の男の子の字が良かったです。鬱屈とか、画数が多い字が好きで、いろいろ出てきます。
話はすごい事が起きるわけでもないけど、いやクライマックスはありますが、縁側での楽しさが伝わってきて、ほっこりしました。

★★★★☆ 4+

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック