神々の山嶺(いただき)2022/07/14


神々の山嶺

「神々の山嶺(いただき)」 新宿ピカデリー
夢枕獏の小説を谷口ジローが漫画化した山岳コミック「神々の山嶺」を、フランスでアニメーション映画化。
記録上に残るエベレストの初登頂は1953年だが、伝説的なイギリス人登山家のジョージ・マロリーが1924年6月にエベレストの山頂付近で消息を絶っていたことから、「マロリーが初登頂を成し遂げていたのかもしれない」という説もささやかれていた。ある時、取材でネパールのカトマンズを訪れた雑誌カメラマンの深町誠は、長らく消息不明になっていた孤高の登山家・羽生丈二が、マロリーの遺品と思われるカメラを手に去っていく姿を目撃する。羽生を見つけ出し、マロリーの謎を突き止めようと考えた深町は、羽生の人生の軌跡を追い始めるが、尋常ならざる執念で危険な山に挑み続ける羽生という男の人間性に次第に魅了されていく。やがて2人の運命は交わり、冬季エベレスト南西壁無酸素単独登頂に挑む羽生に、深町も同行することになるが……。
夢枕貘の原作を読んでいて、日本の実写映画は観たので、内容はわかっているのだけど、フランスでアニメ化というのに興味をひかれました。どうせなら、字幕で見たかったけど、やってなかったから、日本語吹替版で観ました。日本人の話だから、逆にフランス語を話した方が違和感あるかもしれませんね。日本のシーンも多いのですが、リアルな絵で日本人から見てもよく描かれています。漢字の看板も間違いがないです。少し昔の日本なので、風景が懐かしいです。公衆電話が並んでいたり、ビデオで画像が粗い映像を見たり、ウォークマンとか。原作本より、マンガから映画化しているのだろうなとうかがえます。どうして危険な山に命をかけて登るのか、まるで魅入られているようです。それはトップクライマー同士なら、共感できる感覚なんだと思います。ストーリーはシンプルに描かれていました。

★★★☆☆ 3+

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック