蜜蜂と遠雷 下2022/07/11



「蜜蜂と遠雷 下」 恩田 陸・著 幻冬舎文庫
2次予選での課題曲「春と修羅」。この現代 曲をどう弾くかが3次予選に進めるか否かの 分かれ道だった。マサルの演奏は素晴らしか った。が、明石は自分の「春と修羅」に自信 を持ち、勝算を感じていた……。12人が残る 3次(リサイタル形式)、6人しか選ばれない 本選(オーケストラとの協奏曲)に勝ち進む のは誰か。そして優勝を手にするのは……。
主人公が1人ではなく、主に4人のコンテスタントが中心です。コンクールに関わる人が大勢います。審査員、調律師、ステージマネージャ、オーケストラとも共演します。上巻から最後までコンテストを濃く描いていました。コンクールを最後まで勝ち抜くには、たくさんの曲を準備しないとならないし、特に女性はドレスを用意、最後まで行かなければ、着ないドレスもあります。もちろんピアノをたくさん練習しても、勝ち残らない場合は、披露できないのです。当たり前だけど、大変な世界です。それぞれの思いを胸に、長い戦いに挑んでいきます。読み応えがあって、面白かったです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック