バズ・ライトイヤー2022/07/09



「バズ・ライトイヤー」 TOHOシネマズ日比谷 字幕
「トイ・ストーリー」シリーズを通して活躍したおもちゃのバズは、持ち主アンディの大好きな映画の主人公であるスペース・レンジャーのバズ・ライトイヤーがモデルになっており、本作ではそのアンディが大好きだったいう映画の物語が描かれる。バズ・ライトイヤー(声:クリス・エヴァンス)は有能なスペース・レンジャーだが、自分の力を過信したことで、1200人の乗組員とともに危険な惑星に不時着してしまう。相棒でもある猫型ロボットのソックスとともに、全員を地球に帰還させるためのミッションに挑むバズは、個性豊かな新米のジュニアパトロールたちとの出会いを通して、自らの運命を大きく変えていく。
アニメだけど、実写のような内容になっていて、本格SF映画っぽく撮っています。ネコのロボットソックスは、話し相手になるだけでなく、とても優秀でいろいろ対応できるので、欲しいです。
同じチームというか仲間となっていく脇役キャラがちょっと弱い気がしますが、楽しめました。「トイ・ストーリー」シリーズとは全然違いますけどね。
同性愛的なシーンがダメで、中東やアジアなどで上映禁止になってしまったけど、現代や未来風に作ってあるから、しょうがないような、そんなに目くじら立てることもないのにと思います。お国柄の違いもあるのでしょうね。日本は普通に公開する国である事が、嬉しいです。

★★★★☆ 4

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック