峠 最後のサムライ2022/07/07


峠 最後のサムライ

峠 最後のサムライ」 グランドシネマサンシャイン池袋
徳川慶喜の大政奉還によって、260年余りにも及んだ江戸時代が終焉を迎えた。そんな動乱の時代に、越後長岡藩牧野家家臣・河井継之助(役所広司)は幕府側、官軍側のどちらにも属することなく、越後長岡藩の中立と独立を目指していた。藩の運命をかけた継之助の壮大な信念が、幕末の混沌とした日本を変えようとしていた。
実在の人物河合継之助の41歳の話だとすると、役所広司はちょっと年がいきすぎているますね。ましてや奥様役が若く見える松たか子、ずいぶん年の離れた夫婦だと感じてしまいます。親子役なら納得できます。継之助の両親役は田中泯と香川京子で、ステキでしたけどね。
つまらないわけではなく、こういう志の武士が幕末の混乱期に頑張ったということが伝わってきます。ちょっと言葉が難しいところもあり、わかりにくいところもありました。歴史好きな人には良いのだろうか。
ウクライナ侵攻の現在なので、こういう風に戦さに巻き込まれていく住民や兵士たちの事を思うと辛い気持ちになります。

★★★☆☆ 3

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック