ゲルハルト・リヒター展2022/06/19




「ゲルハルト・リヒター展」 東京国立近代美術館
ドイツ・ドレスデン出身のゲルハルト・リヒター(1932-)。リヒターは油彩画、写真、デジタルプリント、ガラス、鏡など多岐にわたる素材を用い、具象表現と抽象表現を行き来しながら、人がものを見て認識するという原理に、一貫して取り組み続けてきました。
画家が90歳を迎えた今年2022年、画家が手元に置いてきた初期作から最新のドローイングまでを含む約110点、約60年の画業が紹介されています。
ドイツを代表する現代アートの巨匠ですが、私は映画「ある画家の数奇な運命」を観るまで知りませんでした。作品も今まで生で見たのは2点だけ。
東京都現代美術館の収蔵品と、先日の「自然と人のダイアローグ」で見た雲の絵です。
映画では、ナチ政権下のドイツで、芸術を愛する叔母の命を安楽死政策によって奪われた男が主人公。終戦後に東ドイツの美術学校へ行くのだが、叔母を死へ追い込んだ者との因縁、ベルリンの壁が築かれる当時ことも出てきました。映画は全てが真実ではないかもしれないのですが、映画の中で創作活動をするシーンに作品が出てくるのです。それに興味を持ちました。
写真から精密に描いた絵の上に、刷毛で表面を刷って、ピンボケのようなフォトペインティングシリーズ、抽象的な絵画にも、見えないイメージが隠れていたりします。



来館者は、若い方が多く、オシャレな人が多かったです。開催したばかりだけど、混んでいます。とても良かったです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック