錦繍2022/06/16


錦繍

「錦繍(きんしゅう)」 宮本 輝・著 新潮文庫
「前略 蔵王のダリア園から、ドッコ沼へ登るゴンドラ・リフトの中で、まさかあなたと再会するなんて、本当に想像すら出来ないことでした」と始まり、運命的な事件ゆえ愛し合いながらも離婚した二人が、紅葉に染まる蔵王で十年の歳月を隔て再会した。そして、女は男に宛てて一通の手紙を書き綴る……。
離婚した男女の往復書簡で語られる小説です。私はあまり本を何度も読み返したりしないのですが、この本は読むのは2回目です。ずいぶん前に読んで、感動したのは覚えているのですが、内容がどういうものだったかは、霧の中でした。再度読んでみても、あまり思い出さず、新鮮な気持ちで読めました。
お互いが、孤独や後悔の中で生きてきたのだけど、手紙を往復することによって、過去が埋められたり、書くことで自分の本当の気持ちが整理できたことで、次の一歩を踏み出していくような、再生の物語でした。何と言っても印象的だったのは、冒頭の文のリズムの良いことです。映像も思い浮かんできます。そこだけはなんとなく覚えていました。冒頭だけではなく、全体的にリズムの良い文章でした。読み手にとっては、離婚した男女に、何があったのか、気持ちがどうだったのかと明らかになっていき、面白かったです。老夫婦がオーナーの素敵な喫茶店も出てきました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック