任侠サーカス キズナたちの挽歌2022/06/13


任侠サーカス

「熱海五郎一座 任侠サーカス キズナたちの挽歌」 新橋演舞場
暴対法により社会から徹底的に排除されるヤクザたち。ここ「任侠熱海組」も例外ではない。二代目の不甲斐なさと、組員の高齢化が追い討ちとなり廃業寸前。
この危機を脱するため、若頭(三宅裕司)たちは三代目を探していた。ある勘違いによりサーカス団員の木下(塚田遼一)に継がせることになった。
道化師であり、猛獣使いでもある木下は、その才能をヤクザ稼業で爆発させる。しかし、その才覚が敵対する女組長(浅野ゆう子)を刺激、マル暴の刑事たちをも巻き込み、全面戦争へと突入するが……。
ここ数年は毎年観ています熱海五郎一座。いつも女優さんが1人か2人ゲストで来るのですが、今回のゲストは浅野ゆう子さんと共に、珍しく男性ゲストでジャニーズA.B.C-Zの塚ちゃんでした。1人だけ若いし、アクロバティックに大活躍でした。やはりジャニーズはすごいです。バク転を4連続したり、バク宙もします。歌にダンス、アクションも1日2回の公演なのに、すごい元気でした。他の一座のメンバーが高齢化している上に、今回は老人役も多かったから、更にコントラストがありました。
相変わらず、昭和っぽいドタバタとした笑いを届けてくれて面白いです。いつも前説や、エンディングのトークも面白いです。
伊東四朗一座の時、下北沢の本多劇場での公演からなるべく観ているのですが、全部ではないのです。浅野ゆう子さんがゲストなのは2回目だそうで、前回は観ていないなぁと思いました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック