フランス・モダン・ポスター展 他2022/05/22



横須賀美術館へ行って来ました。2回目ですが、前回もお天気があまり良くなかったです。いろいろな展示が見れました。


「フランス・モダン・ポスター展」
京都工芸繊維大学工芸資料館が所蔵するポスターコレクションより、ポスター芸術の歩みをたどります。ロートレックやミュシャもありました。


「生誕150年 矢崎千代二展」
横須賀市出身の画家で、日本におけるパステル画の普及に尽力した矢崎千代二(1872-1947)の展覧会です。
この画家を目的に行きました。
横須賀美術館のコレクションを充実させるための、初期油彩画の代表作、《秋の園》(1900年)を新たに購入したそうです。
パステルの風景画が中心でした。


「谷内六郎〈週刊新潮 表紙絵〉展 おうち時間の愉しみ」 
いつか見た風景のような、昭和チックな懐かしい絵がいっぱいです。前回谷内六郎館が良かったので、今回はこちらも楽しみでした。


「小田扉の『横須賀こずえ』展」
横須賀を舞台にした犬のこずえのマンガの原画展でした。私は読んだ事ないのですが、地元の人はおなじみの場所が出てきて面白いのでしょう。


美術館の建物が素敵だし、目の前は海、自然豊かで、生で聞く鳥の鳴き声も良かったです。たくさんの紫陽花が、もうすぐ見頃になりそうです。


前回同様、併設レストラン“アクアマーレ”でパスタランチ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック