マイ・ニューヨーク・ダイアリー2022/05/14



「マイ・ニューヨーク・ダイアリー」 ヒューマントラストシネマ有楽町
作家を夢見るジョアンナ(マーガレット・クアリー)は、老舗出版エージェンシーでJ・D・サリンジャー担当の女性上司マーガレット(シガニー・ウィーバー)の編集アシスタントとして働き始める。ジョアンナの業務は世界中から大量に届くサリンジャーへの熱烈なファンレターの対応処理。心揺さぶられる手紙を連日読む彼女は、簡素な定型文を返信することに気が進まなくなり、ふとした思いつきで個人的に手紙を返し始める。そんなある日、ジョアンナは、サリンジャー本人から電話を受ける……。
「ライ麦畑でつかまえて」の小説家J・D・サリンジャーを担当する女性エージェントと新人アシスタントを描いたジョアンナ・ラコフの自叙伝を基に映画化しています。
隠遁生活をしているというサリンジャーですが、この映画で見る限り、良い人そうです。実際に会ったことがある作者が書いているのだから、実像に近いのでしょう。
ジョアンナ役のマーガレット・クアリーが可愛かったし、ファッションが良かったです。
厳しい上司と仕事するということで「プラダを着た悪魔」と比較されている方が多いようですが、ちょっと違うタイプの映画だと思います。
自分がどの方向に進んでいくか、仕事や恋愛に悩むので、若い女性が共感して見れるのではないでしょうか。
心情が映像化されるのか、彼女の妄想なのか、踊ったりするシーンが面白かったです。

★★★★☆ 4-

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック