特撮美術監督 井上泰幸展2022/05/08



「生誕100年 特撮美術監督 井上泰幸展」 東京都現代美術館
「ゴジラ」や「日本沈没」など、日本の映像史に重要な位置を占める特撮領域に大きな足跡を遺した特撮美術監督の井上泰幸(1922-2012)の個展です。特撮のパイオニア円谷英二のもと、特撮美術スタッフとしてキャリアをスタートし、その後の日本の特撮映画に多大な足跡を遺しています。
スケッチやデザイン画、絵コンテをはじめ、撮影で使用したミニチュアなどを通して、井上泰幸の人生と仕事を追っていきます。
絵もすごい上手でした。イメージボードや、綿密な設計図などをたくさん見る事ができます。奥さん(井上玲子)も、彫刻家だったそうで、作品を展示していました。



ミニチュアというより、本物を同じように小さく作るという感じでしょうか。だいたいが怪獣に壊されてしまったりするのですが、映像に残ってはいても、実物はあまり残ってないのだと思います。写真は、再現したものですが、本当によくできています。デパートのショーウインドウや、屋上は遊園地のようになっていて、小さい観覧車などもあります。
今はCGでなんでも作れますが、その前の時代に戦後の映画を支えた人です。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック