アネット2022/04/11



「アネット」 角川シネマ有楽町
人気スタンダップコメディアンのヘンリー(アダム・ドライバー)と有名オペラ歌手のアン(マリオン・コティヤール)は、大恋愛の末に結婚。2人の間にはアネットが誕生する。理想的なセレブカップルの2人だったが、ヘンリーは次第に嫉妬や猜疑心に悩まされていく……。
「ポンヌフの恋人」などのレオス・カラックス監督のロック・オペラ・ミュージカル。2021年・第74回カンヌ国際映画祭で監督賞を受賞。

すみません。ちょっとネタバレになるかもしれないので、予備知識なしで観たい方は後で読んでください。
オープニングが素晴らしいです。音楽担当のスパークスや、監督や娘さんも出てきて、みんなが歌いながら、街へ出て進んで行きます。
ラブラブな2人の様子が、ちょっと長く続きますが、だんだん不吉な予感がしてきます。ちょっとホラーっぽいかもしれません。アネットが人形なので、驚きますが、よくできていて「ほんとうのピノッキオ」のピノッキオみたいでした。
日本人俳優も出ているとは知らなかったので、古舘寛治が、出てきて時も驚きました。歌ってもいました。水原希子に似てる人も出ていると思ったら、本人でした。ミュージカルと言ってもかなり異色なんです。シュールな世界で、面白かったです。自分勝手な男の話な気もするのだけど、アダム・ドライバー、カッコ良かったです。エンディングも和気あいあいとしていて、映画を制作しているチームが結束しているのが、伝わってきます。

★★★★☆ 4+

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック