オートクチュール2022/04/03


オートクチュール

「オートクチュール」 ヒューマントラストシネマ有楽町
フランスのラグジュアリーブランド「ディオール」のアトリエを舞台に、世代も境遇も異なる2人の女性の人生が交差する様子を描いたヒューマンドラマ。ディオールのオートクチュール部門でアトリエ責任者を務めるカリスマお針子エステル(ナタリー・バイ)は、次のコレクションを最後に引退することになっていた。準備に追われていたある朝、エステルは地下鉄でハンドバッグを盗まれる。その犯人の一人と思われるジャド(リナ・クードリ)の滑らかに動く指を見て、お針子に向いていると才能を直感したエステルは、彼女を警察へ突き出さずに見習いとしてアトリエに迎え入れる。反発しあいながらも、時には母娘のように、そして親友のように、美を生み出す繊細な技術をジャドに授けていくエステルだったが……。
話の流れは好きなタイプですが、なかなか話が進まないのと、宗教の事が難しいし、人種差別的発言がたくさんありました。人種による上下関係のようなものが存在しているし、ジャドは移民の娘なんだろうけど、自分が下に見られるのを嫌うくせに、他の人には人種のことで、文句を言ったりします。フランスがこういう感じなんだと思いますけど、日本との感覚とは違います。ジャドの友人が、日本人らしき人に“スシ”と言ったりしていました。見た目で人種が憶測されてしまうし、純粋なフランス人がエラいんでしょうけどね。なんだかなぁ。
カッとなるとすぐに汚い言葉をぶつけてしまったり、出て行ってしまったり、クビのなったり、そうかと思えば仲直りしたりします。手に職をつけるのは大切だし、ディオールで働けるなら、その方が良い気がしますけど、ガマンできない主人公、恋愛模様もあって、ちょっととっ散らかっている気がします。たくさんの感情が入り混じっています。でも、フランス映画らしくて良いのかもしれません。

★★★★☆ 4-

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック