冬萌え 橋廻り同心・平七郎控52022/03/20



「冬萌え 橋廻り同心・平七郎控5」 藤原 緋沙子・著  祥伝社文庫
シリーズ第5弾。
主君への忠義のため、惚れた女房を苦界(くがい)に沈めた男。殺害現場に居合わせながら、口を閉ざした少年。「二年間待って」という約束を胸に、罪を肩代わりしながら懸命に待ち続ける女。亡き父親の秘密を追い、父の深い愛情を知る娘。
4つの話、どれも読みごたえありました。最後の話は読売屋のおこうの話で、妻を亡くした父には、想っている女性がいたのではないかと、調べていくと、店をやっている母娘に出会います。娘とは妹のように仲良くなるのですが、もしや本当の妹ではないかと思ったりしますが、さてどうなるでしょう。おこうの父もすでに亡くなっています。橋を廻る話で、それぞれの橋の近くで、様々なストーリーが展開していきます。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック