シラノ2022/03/01



「シラノ」 TOHOシネマズ日比谷
17世紀フランス。剣の腕に優れ、詩を書く才能に恵まれている騎士のシラノ(ピーター・ディンクレイジ)は、自身の外見に自信が持てず、思いを寄せるロクサーヌ(ヘイリー・ベネット)に打ち明ける事が出来ずにいた。その気持ちを知らないロクサーヌは、シラノと同じ部隊のクリスチャン(ケルビン・ハリソン・Jr.)に惹かれている。シラノは文才のないクリスチャンに代わって、自分の思いをこめた手紙を書いて、恋の仲立ちをする事になる……。
世界中で愛されている舞台劇「シラノ・ド・ベルジュラック」を「つぐない」のジョー・ライト監督がミュージカル映画化。
手紙が題材の映画は好きです。全体的には良かったですが、ロクサーヌがあまり魅力なかったです。好みの問題でしょうが。日本も平安時代などは、短歌を送り合うから、文才がないとモテないようですから、見た目だけでなく、どのように自分を思ってくれているかを、表現できないとならないのでしょう。気持ちを知るためには、言葉が大切なんですね。

★★★★☆ 4-

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック