再会の奈良2022/02/10



「再会の奈良」 シネスイッチ銀座
2005年、中国に暮らす陳ばあちゃん(ウー・イエンシュー)が、孫娘のような存在で、日本で暮らしているシャオザー(イン・ズー)を頼って単身奈良にやって来た。
1994年に日本に帰した中国残留孤児の養女・麗華からの連絡が数年前から途絶え、それを心配してやって来たという。麗華を捜し始めた2人は、元警察官の一雄(國村隼)と知り合い、麗華捜しを手伝ってもらうころになるが……。
河瀬直美とジャ・ジャンクーがプロデュース、新鋭ポンフェイ監督。日中合作映画。
奈良が舞台という事もあって、河瀨直美監督作品に似ている気がしました。永瀬正敏も出ていたのも、河瀨直美監督の「あん」に出ていたから。ジャ・ジャンクー監督作品や河瀨直美監督作品が好きな方には良いかもしれません。ジャ・ジャンクーは「山河ノスタルジア」「長江哀歌」などを観ました。
中国からやってきたおばあちゃん役のウー・イエンシューは、近頃は「花椒の味」で観ました。「妻の愛、娘の時」にも出ていて、印象的な女優さんです。ちょっとガンコな人の役が多そうです。ほがらかな奈良の町は良いのですが、中国残留孤児の人の大変さがにじみ出てきます。中国で、養女となって、陳おばあちゃんに育てられたのに、大人になってから、言葉もわからない日本に来て家族を探す困難さがわかります。すぐに血縁家族がみつかれば良いけれど、そうでない人もたくさんいました。日本で暮らす若いシャオザーにしても、生活が大変そうです。アルバイトしながら、家では内職もしています。内職のお金もほんのわずかです。話は期待とは別な方向へどんどん傾いていきました。

★★★★☆ 4-

鹿の王 ユナと約束の旅2022/02/11



「鹿の王 ユナと約束の旅」
最強の戦士団「独角」の最後の頭であったヴァン(声:堤真一)は、強大な帝国・東乎瑠(ツオル)との戦に敗れ、奴隷となり岩塩鉱に囚われていた。ある夜、不思議な山犬の群れが岩塩鉱を襲い、死に至る謎の病「黒狼熱(ミツツァル)」が発生。その隙に逃げ出したヴァンは、幼い少女ユナ(声:木村日翠)を拾う。一方、東乎瑠の民だけが病にかかると噂される王幡領では、天才医師ホッサル(声:竹内涼真)が懸命にその治療法を探していた。
ヴァンを追う謎の戦士サエ(声:杏)が絡み、ファンタジーだけど、ロードムービーのような雰囲気もありました。
「精霊の守り人」などの上橋菜穂子が原作なので、壮大な物語なのだと思いますが、細かいところまではできないので、ギュッとまとめた映画なのだと思います。国の名前や、病気の名前が聞き慣れない造語だし、説明不足はあったけど、ストーリーは良かったです。絵がもう少しかわいいと良かったです。俳優が声優をやると、顔が思い浮かんで来てしまい、話には集中しにくいところはあります。でも、みなさん上手でした。杏は、他の映画でも、よく声優をやっていますから、安定のうまさですが、堤真一、竹内涼真も良かったです。

★★★★☆ 4-

爆笑問題withタイタンシネマライブ2月2022/02/12



「タイタンシネマライブ」 TOHOシネマズ日比谷
2ヶ月に1度行われている「タイタンライブ」。それを生中継で映画館で観れるのが「爆笑問題withタイタンシネマライブ」です。私は初めて観に行きましたが、友人がほとんど毎回行っているので、興味が湧いて行ってみました。料金2,200円で、映画とは違うけど、予約の仕方は、映画と同じで、気楽に観に行けると思いました。テレビでは、お笑いは好きで、結構詳しい方です。タイタン所属芸人、日本エレキテル連合、ウエストランド、ダニエルズなど、他にゲストでトム・ブラウン、タイムマシーン3号、スピードワゴン、プリンプリン。
テレビではできないようなネタや、トークがあるのが良いです。爆笑問題は、時事ネタが多いから、話が新鮮ですし、やっぱり圧倒的に面白いです。

スパイスポークカレー2022/02/13



タイタンシネマライブの前にミッドタウン日比谷の“ザ・スピンドル”で、スパイスポークカレーを食べてから行きました。辛くないまろやかなカレーでした。紫米で、左の器がカレーです。

松岡コレクションの真髄2022/02/14



「松岡コレクションの真髄」 松岡美術館
実業家の松岡清次郎(1894-1989)氏の個人コレクションを公開している美術館です。すごく前に行った事あるのですが、2年8ヶ月ほど閉館していて、1月26日に再開したばかりです。前に行った時は、あまり日本画に興味がなかったけど、近頃は観る事が増えたので、気になっていました。仏像、彫刻、陶器、日本画など、種類いろいろです。洋画は今回はなかったです。
庭園美術館や自然教育園から近いです。展示品も良いですが、美術館のゆったりした雰囲気が好きです。人も少なかったし、予約しないで行く事ができます。


楽園のカンヴァス2022/02/15


楽園のカンヴァス

「楽園のカンヴァス」 原田 マハ・著 新潮文庫
ニューヨーク近代美術館(MoMA)のキュレーター、ティム・ブラウンはある日スイスの大邸宅に招かれる。そこで見たのは巨匠ルソーの名作「夢」に酷似した絵。持ち主は正しく真贋判定した者にこの絵を譲ると告げ、手がかりとなる謎の古書を読ませる。リミットは7日間。ライバルは日本人研究者・早川織絵。ルソーとピカソ、二人の天才がカンヴァスに篭めた想いとは―。山本周五郎賞受賞作。
創作だと思うけど、すごくリアルで、画家のアンリ・ルソーって、こういう人だったのかなぁと思いました。一度見たら、忘れられないような絵「夢」「眠るジプシー女」など、実物は見たことないですが、ルソーには強烈な個性を感じます。その絵の裏にはどんな真実があったのだろうかと、絵画をめぐるミステリーのようで、ひきこまれました。とても面白かったです。
日本にもアンリ・ルソーの絵を所蔵している美術館もあるし、外国の美術館で見た絵もありますが、この本を見ると「夢」を見てみたくなりました。
日本で見たアンリ・ルソー作品はポーラ美術館や東京都近代美術館です。
好きな絵と向き合うって、とても楽しいことだと、改めて感じました。ルソーでなくても、人それぞれに好きな絵や画家があると思います。

夜明けの星2022/02/16



「夜明けの星」 池波 正太郎・著 文春文庫
越後の国を出て16年、江戸の町で父の仇敵を探し続ける浪人・堀辰蔵。飢えて疲れきった辰蔵はある日ささいなことで逆上し、見知らぬ煙管師を斬りつけて殺してしまう。父と仲良くふたり暮しだった煙管師の娘・お道は、これで天涯孤独の身となった。近隣の人々に見守られ、気丈に生きていくお道と、仇討ち転じて闇の世界の仕掛人となった辰蔵の半生。折にふれ、お道と辰蔵の運命は奇妙にもつれ合っていく。
表紙からすると、ほっこりする話かと思ったら、そうでもなかったです。殺しを請け負う仕掛人になった辰蔵と、必死に働いて、自分の人生を切り開いていくお道の様子が、順に語られていきます。
辰蔵の方は、壮絶でしたが、もともとは悪い人とは思えず、お道にすまないという気持ちを抱いています。お道にとっては、父を殺した人はわからないのです。2人がどのように関係していくのかと思いつつ、なかなか会う機会が少ないまま何年も過ぎていきます。お道は商家の下働きの女中になりますが、厳しい女将さんのもとで、頑張ります。ちょっと「あきない世傳金と銀」(髙田郁)を思わせました。親がいなくても、実家のように接してくれる人たちもいて、お道には心強いと思いました。仕事が辛かったら、いつでも帰ってきて良いと言われていました。
ほっこり系ではなかったけど、不思議な縁の2人を描いていて、とても面白かったです。

五目あんかけ焼きそば2022/02/17



映画へ行く前に、“麻布茶房”日比谷シャンテ店にて、五目あんかけ焼きそば。
具材は海老、帆立、イカ、野菜もいろいろ。
映画は「ちょっと思い出しただけ」を観に行きました。感想は後で。

ちょっと思い出しただけ2022/02/18



「ちょっと思い出しただけ」 TOHOシネマズ日比谷
怪我でダンサーの道を諦めた照生(池松壮亮)とタクシードライバーの葉(伊藤沙莉)を軸に、様々な登場人物たちとの会話を通じて都会の夜に無数に輝く人生の機微を、繊細に描く。照生の誕生日に起こることが数年間、語られる。それも逆再生のように現在から過去へ向かう。
ロックバンド「クリープハイプ」の尾崎世界観が自身のオールタイムベストに挙げる、ジム・ジャームッシュ監督の代表作のひとつ「ナイト・オン・ザ・プラネット」に着想を得て書き上げた新曲「Night on the Planet」に触発された松居大悟監督が執筆した、オリジナル脚本。
切ない恋には終わりがあって、泣いてしまう映画かと思っていたら、そうでもありませんでした。東京で暮らすとある若い男女の恋愛の流れが、描かれています。
ジム・ジャームッシュの「ナイト・オン・ザ・プラネット」愛が溢れていました。ジャームッシュ監督作品「ミステリー・トレイン」「パターソン」に出演している永瀬正敏も出ていました。主人公の葉がタクシー運転手です。「ナイト・オン・ザ・プラネット」のウィノナ・ライダーのごとく、タバコを吸っています。高岡早紀はジーナ・ローランズ的な役割だったのか。私が思い出した映画はフランソワ・オゾン監督の「ふたりの5つの分かれ路」です。恋愛もので、だんだん過去に戻っていく形式が似ています。
池松壮亮と伊藤沙莉が魅力的かつリアルに演じていて、泣く映画ではけど、とても良かったです。一つ一つのシーンが絵になり、さりげない日常を描いているようで、忘れられない日をおくっていたことがわかります。そんな一シーンを何かの機会に思い出すのです。このタイトルも上手いですね。
高円寺あたりの風景がよく出てきて、アルバイトに行っている水族館は八景島シーパラダイスか?それは遠いとか思っちゃったけど、まぁ架空の話だから良いのでしょう。河合優実は、見るたびに違う雰囲気の人に見えます。最近の日本映画はよくお笑い芸人が出ていますが、この映画ではニューヨークの屋敷裕政が出ていて、ちょっと驚きました。東京の様々な夜の街を見るのが好きです。誕生日の1日なので、ケーキがよく出てきました。

★★★★☆ 4


この映画は8種類のチラシが出ていました。映画観た後に、いろいろなシーンを思い出しながら眺めています。

ほうじ茶&キャラメルのムースケーキ2022/02/19



ちょっと前に食べた“スタバ”のほうじ茶&キャラメルのムースケーキ。甘味抑えめで、美味しかった。