雪舞い 橋廻り同心・平七郎控32022/02/06


雪舞い

「雪舞い 橋廻り同心・平七郎控3」 藤原 緋沙子・著 祥伝社文庫
叶わぬ恋とあきらめた男と再び巡り合い、男は問題を抱えていて……。若い頃に離れ離れになった自分の娘をみつけ、陰から見守る男。国を追われ、武士を捨てて市井に生きる男のもとに現れたのは……。
江戸府内の橋を預かる北町奉行所の橋廻り同心・立花平七郎の人情裁きが冴えわたるシリ−ズ第3弾。 
橋回りの仕事をしながら、いろいろと持ち込まれる相談や、平七郎を信じて打ち明けられる秘密など、命を守ったり、汚名を晴らしたり、忙しそうです。意識している女性おこうとの仲はなかなかすすみませんが、これからまだいろいろとありそうです。良い話ばかりですが、哀しい結末もあります。今回は、親子の情の話が2編ありました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック