元彼の遺言状2022/01/27


元彼の遺言状

「元彼の遺言状」 新川 帆立・著 宝島社文庫
「僕の全財産は、僕を殺した犯人に譲る」。元彼の森川栄治が残した奇妙な遺言状に導かれ、弁護士の剣持麗子は「犯人選考会」に代理人として参加することになった。数百億円ともいわれる遺産の分け前を勝ち取るべく、麗子は自らの依頼人を犯人に仕立て上げようと奔走する。ところが、件の遺言状が保管されていた金庫が盗まれ、さらには栄治の顧問弁護士が何者かによって殺害され…。
サラリと読めて面白かったです。著者は弁護士なので、専門知識も散りばめられていますが、わかりやすく書かれていました。面白かったけど、読み終わった後は、ストーリーはそんなに印象に残っていません。ちょっと、人間関係が複雑に感じてしまったからかな。元彼の栄治には、主人公の麗子だけではなく、たくさん元カノがいたので、登場人物も多くなっています。麗子にしても短期間付き合っていただけの関係でした。確か3ヶ月と書いてありました。
ストーリーはそれほど印象に残らないけど、主人公の麗子は強烈なキャラクターでした。美しくて、仕事もバリバリする女性でした。独特な考え方をしています。
綾瀬はるか主演で、ドラマ化するそうなので、映像にするとより面白いかもしれません。冒頭から、麗子の性格がよくわかります。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック