コーダ あいのうた2022/01/26


コーダ あいのうた

「コーダ あいのうた」 TOHOシネマズ日比谷
海辺の町で両親と兄と暮らす高校生のルビー(エミリア・ジョーンズ)。彼女は家族の中で1人だけ耳が聞こえる。幼い頃から家族の通訳を担っているルビーは家業の漁業も手伝っていた。新学期、合唱クラブに入部したルビーの歌の才能に気づいた顧問の先生は、都会の名門音楽大学の受験を強く勧めるが、 ルビーの歌声が聞こえない両親は娘の才能を信じられず、家業の方が大事だと反対する。ルビーは自分の夢よりも家族の助けを続けることを決意するが……。
2014年製作のフランス映画「エール!」のリメイク。
タイトルの「CODA(コーダ)」は、「Children of Deaf Adults= “⽿の聴こえない両親に育てられた⼦ども”」のこと。
「エール!」が良かったので、観てみようと思いましたが、結構忘れていました。家族の仕事は違いました。「エール!」は牧場をやっていたけど「コーダ」の家族は漁師でした。無線が聞こえないから、聞こえない人だけだと何かあった時に危険と思われてしまいます。
配役は主人公ルビーが可愛らしく、美しい歌声でした。ルビーと心通わせているマイルズ役がフェルディア・ウォルシュ=ピーロ(絶対覚えられない名前)は「シング・ストリート」の主演の子なんですね。ちょっと雰囲気変わってきていました。そして、ルビーのお母さん役、若い人は知らないかもしれませんが「愛は静けさの中に」で、アカデミー主演女優賞を受賞した聾唖の女優さんマーリー・マトリン。久しぶりに見ました。「エール!」より下品な感じはしたものの、仲良し家族の日常や、変化に、心温まる話になっていました。自然も良かったです。映画の中で、家族が耳が聞こえないという状態を感じさせるシーンがあって、こういう状況なのかと思いました。

★★★★☆ 4

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック