ニューヨーク19972022/01/23



「ニューヨーク1997」 新宿武蔵野館
近未来、アメリカ政府はニューヨークのマンハッタン島を巨大な刑務所に改造し、そこは300万人もの囚人が暮らす無法地帯と化していた。ある日、大統領専用機がテロリストにハイジャックされ、ニューヨークに墜落。大統領は脱出ポッドに入り生き延びたものの、凶悪なギャングに人質として捕らえられてしまう。政府は、強盗罪で収監予定だった元特殊部隊員スネーク・プリスキン(カート・ラッセル)に大統領の救出を命じる。体内に時限爆弾を埋め込まれたスネークは、単身ニューヨークへと降り立ち大統領の行方を追う。
「ジョン・カーペンター レトロスペクティブ 2022」にて、4Kレストア版をリバイバル上映。
「パリ・テキサス」のハリー・ディーン・スタントンも出演していました。若き日のカート・ラッセルが初々しかったです。元特殊部隊だったスネークが犯罪者となったのかとか、アイパッチしているのは何故かとか、あまり説明がなかったように思います。続編ではないのに。話の端々に過去がなんとなくわかる程度でした。
40年ぶりの公開だそうです。ジョン・カーペンター監督作品を観たことがなかったので、1作くらいどんなのか観てみようと思いました。
1981年製作なので、当時としては、かなり斬新な映画だったのだろうと思います。近未来もので1997年は未来の事として描いていますが、現在はもう過ぎてしまっていますね。ニューヨークが巨大な刑務所として使われていたら怖いです。
99分の映画ですが、そんなに短くは感じませんでした。

★★★☆☆ 3

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック