阿佐ケ谷姉妹ののほほんふたり暮らし2022/01/18


阿佐ケ谷姉妹ののほほんふたり暮らし

「阿佐ケ谷姉妹ののほほんふたり暮らし」 阿佐ヶ谷姉妹・著 幻冬舎文庫
40代・独身・女芸人の同居生活はちょっとした小競合いと人情味溢れるご近所づきあいが満載。エアコンの設定温度や布団の陣地で揉める一方、ご近所からの手作り餃子おすそわけに舌鼓。白髪染めや運動不足等の加齢事情を抱えつつもマイペースな日々が続くと思いきや……。地味な暮らしと不思議な家族愛漂う往復エッセイ。
お二人とも文章が上手で、面白かったので、すぐに読めました。NHKでドラマにもなっていましたね。阿佐ヶ谷姉妹を大好きと言わなくも、そんなに嫌いという人はいないのじゃないかと思います。タイトルのように「のほほん」という言葉が合うし、一部の芸人と違ってガツガツとしていないところが、私は大好きです。庶民的ではあるけれど、そこはかとなく品があって、間違っても失言などしそうにないです。それは基本的な考え方がちゃんとしていて、裏表がない2人だからです。阿佐ヶ谷の町は、ご近所づきあいも良いというけど、人柄からみんなが親切にしてくれるのではないでしょうか。しかし、この本を読んで、ドラマも見て、2人の性格がもっとよくわかりました。ミホさんは一人が好きで、マイペースだし、エリコさんは人懐っこい感じがしました。今は別々の部屋で、同じアパートを借りて住んでいるそうですが、ちょうど良い距離ですよね。仲は良くても、仕事でも家でも一緒だと大変かも。ミホさんは一人っ子のせいか辛いようで、エリコ過多になるのが苦しいそうです。
エッセイも面白かったですが、ドラマもうまく内容を取り入れていて良かったです。それぞれが短編小説も書いているのですが、面白かったです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック