火の華 橋廻り同心・平七郎控22022/01/14


火の華

「火の華 橋廻り同心・平七郎控2」 藤原 緋沙子・著 祥伝社文庫
生き別れになった母への切ない慕情。都落ちし、再起を誓った男女を襲う悲劇。殺された許嫁の仇を狙う男と、その男をひたむきに想い続ける娘の純情。
稲荷橋、なさぬ仲の父と子の絆を結ぶ…。江戸の百二十余橋を預かる橋廻り同心・立花平七郎が、剣と人情をもって悪を裁く、シリーズ第2弾。
藤原緋沙子の本は隅田川御用帳シリーズ以来ですが、短編連作で似ています。でも、こっちのシリーズの主人公の方が魅力的な気がします。情に熱く、剣の腕も立ちます。そこは同じでもありますが、閉職の役割ながら、出しゃばらず、自分の時間を割いています。まわりの協力もかなりあります。特に同僚の秀太がいるから、本来の仕事をまかせて、自分は探索に行ったりしています。平七郎と仕事がしたい船頭もいるし、読売屋のおこうと手代も協力して情報が集まってきます。
哀しい結末もありますが、感動も多い話でした。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック