流浪の月2021/12/05


流浪の月

「流浪の月」 凪良 ゆう・著 東京創元社
両親と別れ、母方の叔母の家に引き取られた主人公の家内更紗は、9歳の時、誘拐事件の被害者となった。公園で更紗に声をかけ、一緒にマンションで2ヶ月ほど暮らした19歳の青年・佐伯文はその犯人として逮捕され、誘拐された小学生が警察官に抱えられ泣き叫ぶシーンは居合わせた人の携帯電話で撮影・拡散されていった。実際の状況は違ったものであったが、デジタルタトゥーとなって、勝手なレッテルを貼り続けられる。そして15年が過ぎ、24歳になったある日、更紗は偶然文と再会する。
2020年の本屋大賞受賞作。広瀬すず主演で映画化もするそうです。
主人公の更紗の小さい頃は、幸福に暮らしていたと思うのです。変わっているけど、素敵な両親です。それが崩れてしまうのです。
映画になったら面白いのかもしれませんが、どうも主人公の更紗の行動も納得できないです。恋人への対応の仕方とか、文へ傾倒していくのは良いけど、もっと整理が必要だと思います。みんなが心に傷を負った人たちばかりの話でした。そのせいか、ちょっと暗かったです。でも面白く読めました。映画もどのように映像化するのか、気になります。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック