ミラベルと魔法だらけの家2021/12/02


ミラベルと魔法だらけの家

「ミラベルと魔法だらけの家」 TOHOシネマズ日比谷(字幕)
コロンビアの奥地にたたずむ、魔法に包まれた不思議な家。そこに暮らすマドリガル家の子どもたちは、ひとりひとりが異なるユニークな「魔法の才能(ギフト)」を家から与えられていた。しかし、そのうちの1人、ミラベルにだけは、何の力も与えられていなかった。力を持たずとも家族の一員として幸せな生活を過ごしていたミラベル。ある時、彼らの住む魔法の家が危険にさらされていることを知った彼女は、家族を救うために奔走する。
ディズニーのミュージカルファンタジーです。監督は「ズートピア」のバイロン・ハワードとジャレッド・ブッシュ。ミュージカル「イン・ザ・ハイツ」や「ハミルトン」でトニー賞、グラミー賞など数々の賞を受賞しているリン=マニュエル・ミランダが音楽を担当。「tick, tick...BOOM! チック、チック…ブーン!」は、この人が監督しています。
色合いがきれいで、めくるめくようなスピード感のある映像でした。近頃の新しいアニメは動きが速い気がします。最後まで飽きずに、楽しめました。
でも「ズートピア」や「アナと雪の女王」「塔の上のラプンツェル」などと比べると、家での話が中心ということもあって、冒険やロマンスが物足りなかったです。伝えたいことはわかるけど、あっという間に終わった感じもしました。

★★★★☆ 4

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック