新・御宿かわせみ 青い服の女2021/12/01


青い服の女

「新・御宿かわせみ 青い服の女」 平岩 弓枝・著 文藝春秋
大嵐で屋根瓦を吹きとばされ、休業していた旅宿「かわせみ」。修理も終わり、一ヶ月ぶりの店開き、古くからの常連客が今まで通り戻ってきてくれるかと、不安を抱えていたるいだったが…。
第300話を超えたそうです。江戸から明治になって、時代の移り変わりも面白いのですが、そろそろ完結しても良い気もします。自分が読むのが間があいてしまって、思い出すのに苦労しました。新・御宿かわせみになって、どこで終わりを迎えたら良いのか、まだ話は途中な感じがします。今作では、かわせみの次の世代として育ってきた番頭や女中が、困ったことになって、終わり方が中途半端でした。それで良いのかなぁという終わり方で、不満が残りました。まだ続きの展開があるのだと思います。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック