タイムトリップ・江戸から東京へ2021/11/23



「タイムトリップ 江戸から東京へ」 千代田区立日比谷図書文化館
今から400年前、徳川家康による江戸城築城、城下町整備、その後の明治維新など、千代田区には多くの文化財があります。千代田図書館が収集してきた郷土資料を中心に、歴史を紐解きながら、風景や名所の移り変わりを紹介しています。
駿河台のニコライ堂は、地域のランドマークで、明治20年代に、ニコライ堂の展望台から撮った写真をもとに、近代化が進んでいく様が、パノラマ写真で見られる他、映像でも楽しめます。当時の東京名所は、今でも変わらない所が多かったです。双六になっていたり、番付表になっていたりしました。いろいろ見れて、観覧料300円は安いです。


「近代建築の父・辰野金吾と海を渡った建築家たち」 日比谷図書文化館4階特別研究室
東京駅を設計した辰野金吾と、彼の育てた多くの後進たちの建築物をパネルと建築模型を展示しているのを同じ建物内でやっているので、見てきました。こちらは入場無料です。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック