花椒(ホアジャオ)の味2021/11/19


花椒(ホアジャオ)の味

「花椒(ホアジャオ)の味」 新宿武蔵野館
父の死をきっかけに初めて互いの存在を知った3姉妹の交流と成長を描いた香港発の人間ドラマ。疎遠になっていた父が倒れたとの報せを受けたユーシュー(サミー・チェン)は会社から病院へ駆けつけるが、父は既に息を引き取っていた。ユーシューは父の携帯電話から、自分の名前に似た知らない名前を見つける。葬儀の日、台北からボーイッシュなビリヤード選手の次女ルージー、重慶から髪をオレンジ色に染めたネットショップオーナーの三女ルーグオが現れ、3人の異母姉妹は初めて顔を合わせる。ユーシューは父が経営していた火鍋店を続けることを決意するが、常連客の望む麻辣鍋のスープを作ることがでない。ルージーとルーグオも加わり、3姉妹はなんとか父秘伝の味を再現しようと奮闘するが……。
見終わった後は、感動したし、泣けたけど、よく考えると、お父さんはそんなに良い人に思えないです。でもとても温かい人のように描いています。どの娘にも、愛情を持っているのはわかりましたが、残された娘は複雑です。他にも娘がいたと知らなかったらよけいですね。でも、3人は気が合うのか、良い関係を築いていきます。肩ひじ張って争うよりも、仲良くして交流を深めた方が良いと私も思います。どちらかと言うと、母たちの方が受け入れがたいかもしれませんが、娘たちには責任はないです。父に対して素直になれなかった主人公、妹たちも、それぞれに思い悩んでいました。お葬式が、国によって随分と違うものだということ。宗教によっても、かなり違うのでしょうが、今作に出てきたのは、お祭りのようでした。
長女の恋人?婚約者?がアンディ・ラウなんだと思うけど、長女の気持ちがよくわからなかったです。いろいろ説明が少ないようにも思いました。でも、雰囲気の良い映画でした。大きなクライマックスもないけど、良質です。あ、でもゴキブリが出てくるのは、そんなに映さないで(>_<)ほしいです。

★★★★☆ 4-

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック