英国王室が愛した花々2021/11/15



「キューガーデン 英国王室が愛した花々」 東京都庭園美術館
ロンドンにあるキューガーデンは、王立植物園。ボタニカルアートを多数所蔵しているそうです。18〜19世紀のボタニカルアートと、王室御用達となったウエッジウッド社の陶磁器を展示しています。
庭園美術館の建物を生かして、多様な植物画をたくさん見ました。お天気が良くて、庭を散策。あまり花はなかったです。
久しぶりに、庭園美術館へ行きました。



コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック