ほんとうのピノッキオ2021/11/11



「ほんとうのピノッキオ」 TOHOシネマズシャンテ
貧しい木工職人のジェペット爺さん(ロベルト・ベニーニ)が丸太から作った人形が、命を吹き込まれたようにしゃべり始める。ピノッキオと名付け可愛がるのだが、落ち着きなく、ジェペットのもとを飛び出して行ってしまう。「人間になりたい」と願うピノッキオは、道中で出会った優しい妖精の言いつけも、おしゃべりコオロギの忠告にも耳を貸さず、ひたすら命がけの冒険を続けるが……。
児童文学のピノキオを原作としていますが、あまり子ども向けという感じではありません。かといって、ダークファンタジーにしては、それほど怖くもないです。ピノッキオは、どうやって撮影しているのかわからないけど、木目があるけど、ちゃんと表情もあるのです。とてもよくできています。全部がCGではないと思うし、子どもらしい動きで、動くたびに木のこすれるような音がするし、本当にピノッキオでした。妖精が美しい人でしたし、出会う人や動物?のような人たちもかなり個性的でした。ちょっと長い気もしたけど、面白かったです。


★★★★☆ 4

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック