そして、バトンは渡された2021/11/09



「そして、バトンは渡された」 TOHOシネマズ上野
これまで4回も名字が変わった優子(永野芽郁)。現在は料理上手な義理の父・森宮(田中圭)さんと2人で暮らしている高校生。将来のことや友だちのことなど様々な悩みを抱えながら、卒業式にピアノで演奏する「旅立ちの日に」を猛特訓する日々を送っていた。一方、夫を何度も変えながら自由奔放に生きる梨花(石原さとみ)は、泣き虫な義理の娘みぃたんに精いっぱいの愛情を注いでいたが、ある日突然、娘を残して姿を消してしまう。
原作の流れを汲みつつ、省略や変更されている内容もあったけど、うまくまとめていました。原作よりもじんわり泣けました。梨花さんは、ちょっとサイコな女にも感じてきました。こうと決めたら行動力があります。
配役は、私はあっていたと思います。配役知ってから、本を読んだせいかもしれません。食べ物がたくさん出てくる映画でした。実の親ではないけど、愛情をかけてもらって、優しい子に育った主人公の成長の話でした。原作と比べてみるのも、楽しいと思います。

★★★★☆ 4-

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック