百物語 浪人左門あやかし指南2021/10/26


百物語

「百物語 浪人左門あやかし指南」 輪渡 颯介・著 講談社文庫
シリーズ第2弾。臆病なのが玉に瑕の甚十郎は、道場の兄弟子平松左門の薦めで商家和泉屋の怪談会(百物語)に出ることに。集まった男たちの話も怖いが、変化する瞬間を見た者は死ぬという掛け軸の女もまた怖い。案の定、百話目を語り終えた和泉屋は姿を眩まし、参加者の一人は怪死した。仕組まれた策謀なのか。
1作目は登場人物が多くて、混乱しましたが、それを乗り越えたので、誰が中心なのかがわかってきて、読みやすくなりました。剣は強いのに、怪談が大の苦手な甚十郎が、主人公の1人です。体格も良い立派な武士のようですが、怖い話に怯えているのが面白いです。怪談話を集めて、それを生活の糧にしている左門はその上をいく剣の達人で、甚十郎の師匠でもありますが、お酒を飲んでばかりです。でも、問題を解き明かすのは左門です。名探偵左門の話だと思うと、わかりやすくなってきます。怯える甚十郎を見て、楽しんでいるところもあります。
前作に続き、良い人だと思ったのに、実は違ったという人も出てきました。怪談話を聞きながら、おかしい点を左門が探ります。多くの人が順番に語る百物語の内容も面白いですし、それに関連づけて、他の事件も関わっているという構成でした。楽しく読めました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック