キャッシュトラック2021/10/13


キャッシュトラック

「キャッシュトラック」 ユナイテッドシネマ豊洲
ロスにある現金輸送専門の警備会社フォルティコ・セキュリティ社では、特殊な訓練を受け、厳しい試験をくぐり抜けた警備員たちが現金輸送車=キャッシュトラックを運転していた。そこに新人のパトリック・ヒル(ジェイソン・ステイサム)、通称“H”が警備員として採用された。採用試験の成績はギリギリ合格というレべルだったHだが、ある時、トラックを襲った強盗を驚くほど高い戦闘スキルで阻止し、周囲を驚かせる。そして、彼の乗るトラックがふたたび強盗に襲われると、Hの顔を見た犯人たちはなぜか金も奪わずに逃げてしまう。周囲がHの正体に疑心を抱く中、全米で最も現金が動くブラック・フライデーにフォルティコ・セキュリティ社に集まる1億8000万ドルの大金を狙う強奪計画が進行していた。
「ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ」「スナッチ」のジェイソン・ステイサムとガイ・リッチー監督が、久しぶりにタッグを組み、2003年製作のフランス映画「ブルー・レクイエム」をリメイクしたクライムアクション。
ガイ・リッチー監督作品が「ジェントルメン」に続いて2021年に2本も見れるなんて嬉しいです。出演者をよく見ると、ジョシュ・ハートネット、アンディ・ガルシア、エディ・マーサンなどが出ていました。クリント・イーストウッドの息子のスコット・イーストウッドも出ています。初めに、すご腕の警備員がやってきて、周囲の同僚と同じように、映画を見ている方も、訝しげに遠巻きに見ています。そこで、過去の出来事がわかってくると、見ている観客は、そういう事かと、理解できていく構成でした。鮮やかなガン・アクションですが、スカッと楽しむ映画ではなく、ずっとシリアスで、やや重苦しいです。でも安定の面白さです。シブいジェイソン・ステイサムを見せつけられました。

★★★★☆ 4

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック