TOVE トーベ2021/10/10


TOVE トーベ

「TOVE トーベ」 ヒューマントラストシネマ有楽町
1944年のヘルシンキ。戦時中、防空壕の中でおびえる子どもたちに語った物語からムーミンの世界を作ったトーベ・ヤンソン(アルマ・ポウスティ)は、爆風で窓が吹き飛んだアトリエで暮らしを始める。彫刻家の厳格な父の教えとは相反する型破りな彼女の生活。そして、自分の表現と美術界の潮流とのズレが生じていることへの葛藤を抱えながら成長していく。そして、トーベは舞台演出家のヴィヴィカ・バンドラー(クリスタ・コソネン)と出会い、互いに惹かれ合っていく。「ムーミン」の原作者として知られる、フィンランドの作家トーベ・ヤンソンの半生をつづったドラマ。
奔放で、自由な考え方のトーベは、とある男性の愛人となるのだけど、女性と出会って、強く惹かれていきます。この時代では、かなり先進的な考え方の人なんだと思います。お父様も芸術家というのは知りませんでしたが、新聞にコミックスを連載したムーミンに、弟が手伝ってくれているのは知っていました。芸術家家族なのでしょう。お父さんの事でちょっと泣かせるシーンがありました。
時代的なものなのでしょうが、トーベがずーっと煙草をすっているので、今の時代に見るととても違和感があります。生涯をともにしたトゥーリッキの出会いも出てきますが、どちらというと、その前の恋愛、ヴィヴィカの話が中心です。ムーミンというよりは、トーベの恋愛事情の映画でした。でも、芸術家としてのトーベや、ムーミンがどのように発表されていくのか、モデルとなる人がいるのか、私は興味深い映画でした。

★★★★☆ 4

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック