看取り医 独庵2021/09/30


看取り医 独庵

「看取り医 独庵」 根津 潤太郎・著 小学館文庫
浅草諏訪町で開業する独庵こと壬生玄宗は江戸で評判の名医。診療所を切り盛りする女中のすず、代診の弟子・市蔵ともども忙しい。そんな独庵に妙な往診依頼が舞い込む。材木問屋の主・徳右衛門が、なにかに憑りつかれたように薪割りを始めたという。早速、探索役の絵師・久米吉に調べさせたところ、思いもよらぬ仇討ち話が浮かび上がってくる。
作者が医師なので、医学について説得力があります。
江戸で“はやり風邪”が流行して、死者が多く出ている話がありました。コレラやスペイン風邪、コロナウィルスのように、繰り返されていることがわかります。人と会わないようにして、流行を抑えることや、鼻や口を覆って対応するなど、今に通じる話でした。
医師の独庵は、医学に精通しているだけじゃなくて、武闘派でした。馬庭念流の遣い手となっていました。奥さんとは、うまくいっていないのはわかりましたが、中途半端な気もしました。他の商家の娘からも迫られていました。
独庵の手足となって働く、絵師の久米吉も良いキャラクターですが、どうして協力してくれるのかと思いました。お礼も払っている様子がないけど、勝手知ったる良いコンビになっているのも、これまでの経緯があるのか、あまり説明がなかったです。
独庵は、人を見る目が確かで、弟子や女中への指導や褒めているところもありました。良い上司という感じがしました。
とても面白かったです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック