GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊2021/09/29


GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊

「GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊 4Kリマスター」 TOHOシネマズ日比谷
西暦2029年、高度に発達したネットワーク社会において多発するコンピューター犯罪、サイバーテロなどに対抗するため結成された非公認の超法規特殊部隊「公安9課」(通称「攻殻機動隊」)。ある日、某国情報筋から、国際手配中の凄腕ハッカー・通称「人形使い」が日本に現れるとの情報が9課に寄せられる。隊長の草薙素子と9課の面々は人形使いの痕跡を追うが……。
押井守監督が1995年に手がけたSF長編アニメ。士郎正宗のSFコミック「攻殻機動隊」をアニメーション映画化。ウォシャウスキー兄弟の「マトリックス」(1999)など、後のハリウッドSF大作へも影響を与えたとされる。
押井守の名を一躍世界に広めた代表作なのですが、この作品は見たことがありませんでした。今年4Kリマスター版がIMAXで日米同時公開するというので、見てみました。続編の「イノセンス」公開当時に見たのですが、つながりがよくわかっていませんでした。
近頃のアニメはとてもきれいなので、4Kリマスターと言っても、もともとが1995年作品で、そこまできれいになっているとは思えませんが、当時はセンセーショナルな映像だったのでしょうね。コンピューター社会が進んだ未来、生身の人間、電脳化した人間、サイボーグ、アンドロイドが共存しています。ちょっと難しい設定ですが、女性主人公は少佐と呼ばれていて、とてもかっこいいのです。世界観に魅了されます。未来はどうなっているのか。2029年にはまだこんなになっていないでしょうが、もっと先の未来は、近いものがあるのでしょうか。

★★★★☆ 4

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック