ゴッホ展 響きあう魂へレーネとフィンセント2021/09/21



「ゴッホ展 響きあう魂へレーネとフィンセント」東京都美術館
フィンセント・ファン・ゴッホ(1853-1890)、個人収集家としては、世界一のへレーネ・クレラー=ミュラー(1869-1939)が作った美術館より、油彩画28点、その他、素描・版画、ミレー、ルノワール、スーラ等の作品も展示、一部はファン・ゴッホ美術館からも来ています。
ゴッホの初期から晩年まで、わかりやすく見せてくれます。
ゴッホの素敵な作品がいっぱいで、良かったです。オランダから、フランスへ行って、色が明るくなって、画風が変わって行くのが、わかります。満足感ある展示でした。

レストランの内部

       <レストランの内部>

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック