サマーフィルムにのって2021/09/17



サマーフィルムにのって

「サマーフィルムにのって」 シネマカリテ
高校の映画部、自分の撮りたい時代劇が作れずに、くすぶっていたハダシ(伊藤万理華)の前に、武士役にぴったりの理想的な男子、凛太郎(金子大地)が現れる。彼との出会いに運命を感じたハダシは、幼なじみのビート板(河合優実)とブルーハワイ(祷キララ)を巻き込み、個性豊かなスタッフを集めて映画制作に乗り出す。文化祭での上映を目指して順調に制作を進めていくハダシたちだったが、実は凛太郎の正体は未来からタイムトラベルしてきた未来人で……。
主人公はハダシ、仲の良い友達にビート板とブルーハワイというのは、みんなニックネームなのか。映画部で文化祭に発表するのは、他の人の作品になっていて、撮影に入っています。ハダシたちは、他のクラブの子を巻き込んで、自分の脚本作品を撮ることにします。キャスト、スタッフを合わせても8人くらいです。剣道部、天文部、野球部など、資金もないので、アルバイトをして、低予算で作ります。
時代劇、SF、青春ストーリーでした。いろいろ詰め込んでいます。そのせいか、短絡的で、都合の良い展開が続きます。おまけにダドタドしい感じでした。でも、そこが味が合って良いのかもしれないです。私はちょっとハマらなかったです。悪いわけでもないけど、若い高校生でやる気が空回りしているっぽいところなど、気恥ずかしいです。そういえば、自分も高校時代に、クラスで映画を撮ることになったことを思い出しました。内容は覚えていないけど、クラスメイトが書いた脚本でした。自分は特に参加したという記憶がないです。何か手伝ったのかもしれません。
未来人が出てくるのは、作中にも登場する「時をかける少女」に影響を受けているのかなと思いました。

★★★☆☆ 3+

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック