満月珈琲店の星詠み2021/09/16


満月珈琲店の星詠み

「満月珈琲店の星詠み」 望月 麻衣・著(桜田 千尋・絵) 文春文庫
満月の夜にだけ現れる満月珈琲店では、猫のマスターと店員が、極上のスイーツやフードとドリンクで客をもてなす。スランプ中のシナリオ・ライター、不倫未遂のディレクター、恋するIT起業家…マスターは訪問客の星の動きを詠んで、悩める人々を導く……。
表紙の絵や本の中にも絵がきれいで、珈琲が好きだから、期待しました。
話はつまらないわけでもないけど、占星術の説明が長いので、ちょっと飽きました。占いにあまり興味がないです。登場人物の星の導きといっても、自分にあてはまるものでもないし、その説明が長い気がしました。出てくるスイーツは美味しそうでした。そのイラストもカラーで楽しめます。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック