秋の蟬 隅田川御用帳182021/09/02



「秋の蟬 隅田川御用帳18」 藤原 緋沙子・著 光文社文庫
縁切寺慶光寺の御用宿「橘屋」に、醤油問屋「紀州屋」の番頭がやってきた。橘屋に駆け込み離縁となった内儀のおきよを捜してほしいという。行方不明になっているおきよを捜し始めた橘屋の用心棒・塙十四郎だったが、ようやく捜し当てると、おきよは窮地に陥っていた。隅田川御用帳シリーズ、最終巻。
やっと江戸に戻ってきた十四郎。今回は離縁したいという話ではなく、過去に橘屋を介して離縁した人の消息を探るというもの。その時は、お登勢も関わっていなかった頃の話。
最終巻だから、大きな盛り上がりがあるのかと思ったけど、そうでもなく、でも一応の良い結末があって、温かい感じで終わりました。その後ももっと知りたい気もしました。でも、終わってホッとしました。違う本も読みたいです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック