寒梅 隅田川御用帳172021/08/31



「寒梅 隅田川御用帳17」 藤原 緋紗子・著 光文社文庫
元老中の楽翁こと松平定信の命で、越後の秋山藩を探っていた密偵が、消息を絶ったので、調べに行ってほしいと密命を受けて、十四郎は旅立った。藩では、貧困にあえぐ農民と、藩政を二分する問題が起こっているのを知る……。
前作に続き、2話の話が入っていて、同行した楽翁の密偵の平蔵と秋山藩の人達に協力してもらい、見事な手腕で問題を解決しました。面白かったです。
しかし、帰る前に新たな密偵が新しい依頼を持ってきます。柏崎で多発する金品強奪事件の調査に、そのまま出かける事になります。それが2話目でした。祝言を挙げたばかりなのに、お登勢のもとには。まだ帰れませんでした。かわいそうに。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック