花野 隅田川御用帳162021/08/27



「花野 隅田川御用帳16」 藤原 緋沙子・著 光文社文庫
「切られた縁を元に戻してほしい」と縁切り寺の御用宿「橘屋」に駆け込んだ上総の女おふきは、そう訴えた。珍しい駆け込みに戸惑う用心棒の十四郎と主のお登勢。十四郎が、離縁した元亭主に会って話を聞いてみると、背後に上総の幕領を巡る事件の影がちらつく。上総へ渡った十四郎が掴んだ恐るべき「真実」とは……。
文庫版の書き下ろしとなっています。いままでは1冊に4話くらいだったのに、この巻は2話で、ちょっと長い物語になっていました。登場人物が多くて、名前が誰がどれだったか、わからなくなりました。一気に読んでいないので、読むたびに、どうだったかなぁと思いました。上総の藩をめぐる話でした。
だいぶ終わりが近づいてきて、いよいよ十四郎とお登勢が、ささやかな祝言を挙げてました。しかし、十四郎には、この後に家を離れて、探索するミッションがあります。まだ続きを読まないと。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック