サイダーのように言葉が湧き上がる2021/07/28


サイダーのように言葉が湧き上がる

「サイダーのように言葉が湧き上がる」 TOHOシネマズ上野
俳句以外では思ったことをなかなか口に出せない少年チェリー(声:市川染五郎)は、ヘッドホンで外部との接触を遮断して生きている。ある日彼は、見た目のコンプレックスをマスクで隠す少女スマイル(声:杉咲花)とショッピングモールで出会い、SNSを通じて少しずつ言葉を交わすように。そんな中、バイト先で出会った老人フジヤマが思い出のレコードを探し回る理由を知った2人は、フジヤマの願いをかなえるためレコード探しを手伝うことに。一緒に行動するうちに急速に距離を縮めていくチェリーとスマイルだったが、ある出来事をきっかけに2人の思いはすれ違ってしまう。
郊外の巨大ショッピングモールが舞台。人とのコミュニケーションが苦手な少年と、出っ歯を気にしていて、歯の矯正中なのが恥ずかしくて、マスクを手放せない少女。気恥ずかしくなってしまいそうな、青春ものでした。両方とも幼い感じだし、純情過ぎました。ポスターの絵もそうですが、独特なカラフルな色合いで、きれいでした。リアルよりもイラスト風で良かったです。
現代風に、呼び名がハンドルネームで、SNSでも使っている名前でした。チェリーはもちろん本名ではなくて、さくらという苗字だったと思います。その名前で俳句を作っては発表しています。スマイルはLIVE動画投稿をしていて、フォロワーもたくさんいます。チェリーが母の代打で、ショッピングモール内の老人施設(デイケア施設)で、アルバイトをしています。もう慣れている感じなので、長いのかもしれません。そこでお年寄りたちと一緒に俳句を作ったりしています。コミュニケーションが苦手と言っても、ちゃんと同世代の友達はいるようです。フジヤマのレコードを探して、フジヤマの若い頃の思い出と、若い2人の青春がリンクしているようです。

★★★☆☆ 3