ライトハウス2021/07/18



「ライトハウス」 TOHOシネマズシャンテ
1890年代、ニューイングランドの孤島。4週間にわたり灯台と島の管理をおこなうため、2人の灯台守が島にやってきた。ベテランのトーマス・ウェイク(ウィレム・デフォー)と未経験の若者イーフレイム・ウィンズロー(ロバート・パティンソン)は、初日からそりが合わずに衝突を繰り返す。険悪な雰囲気の中、島を襲った嵐により、2人は島に閉じ込められてしまう。外界と遮断された灯台で2人は徐々に狂気と幻想に侵されていく。
モノクロの世界で、構図が絵になる良さでした。なんか、昔の映画を観ている気分。ジャンルはホラーです。
ロバート・パティンソンがいつものイメージとは違って、別の人のようです。ヒゲのせいかもしれません。仕事は過酷で、カモメがしつこく迫ってくるし、いつも不安を煽るような音が鳴っています。荒れ狂う海が、2人を島に閉じ込めていて、だんだんおかしくなっていきます。トーマスが厳しくて、何を考えているか、わかりません。

★★★★☆ 4-

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック