劇場編集版 かくしごと-ひめごとはなんですか-2021/07/13


劇場編集版 かくしごと

「劇場編集版 かくしごと-ひめごとはなんですか-」 バルト9
久米田康治の同名コミックを原作とするテレビアニメ「かくしごと」の劇場版。テレビアニメ版を編集して新規カットを追加し、テレビアニメ版では描かれなかったもうひとつのラストを描く。
下品な作風で人気を集める漫画家・後藤可久士は、小学4年生の娘・姫と2人で暮らしている。姫を溺愛する可久士は、何をするにも姫のことが最優先だ。そんな可久士は、自分が漫画家であること、そして姫の母親の行方について、絶対に姫に知られないよう隠し続けていたが……。
純朴で可愛らしい娘の姫は、父親が隠している事には、全く気が付かず、父がうろたえながら、懸命に動いている事に、おかしみを誘います。
テレビアニメは見ていなかったのですが、友人のオススメで見てみました。予告編を見ても、風景がとてもきれいです。テレビアニメ見ていなくもわかりますが、かなり省略されているのは感じます。
知っている場所が出てくるとまた面白いです。代官山蔦屋書店、豊洲のキッザニア、江ノ電等。おしゃピー(おしゃれピープル)に気後れしてしまうところは、共感します。前半は笑わせておいて、後半には姫が高校生になっていて、秘められていたことが、わかってくると、グッときてしまいます。絵も人物はあえてかわいらしいのですが、風景などはとてもリアルで美しいです。最後に大瀧詠一の歌が流れて、夏の爽やかな空気を感じる映画でした。

★★★★☆ 4-

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック