RUN ラン2021/07/11



「RUN ラン」 TOHOシネマズ日本橋
郊外の一軒家で母と暮らすクロエ(キーラ・アレン)は、生まれつきの慢性の病気により、車椅子生活を余儀なくされていた。しかし、前向きで好奇心旺盛な彼女は大学進学を望み、自立しようとしていた。ある日、クロエは自分の体調や食事を管理し、進学の夢も後押ししてくれている母親ダイアン(サラ・ポールソン)に不信感を抱き始める。母に飲まされている薬の正体を知り、愕然とする……。
娘を病気に追い込んで、周囲から同情をひいたり、かいがいしく世話をすることで心の安定をはかる一種の虐待、代理ミュンヒハウゼン症候群の話かと思ったら、それだけでもなく、いやちょっと違います。怖い話でしたが、面白かったです。
ハラハラします。クロエは、母の事を疑い始め、行動を起こすけど、インターネットや、スマホがない状態で、外へ連絡を取るのが難しいのです。近所に家もないです。頭の良い子だと思うのですが、体が自由に動けないし、勉強も母の指導のもと、家でずっとしてきたようで、友達もいないようです。母の狂気がおぞましいですが、クロエを応援しながら見る映画でした。ラストは、どうなんでしょう。好悪が分かれるかもしれないけど、それを含めて、私は面白かったです。
パソコン画面上でドラマが展開する斬新なサスペンススリラー「search サーチ」のアニーシュ・チャガンティ監督の作品です。

★★★★☆ 4

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック